副業

CodeCamp(コードキャンプ)講師の質が高い7つの理由教えます

2020年5月11日

CodeCamp(コードキャンプ)講師の質が高い7つの理由教えますのアイキャッチ画像

 

オンラインプログラミングスールのCodeCamp(コードキャンプ)を受講しようか悩んでいます。でも、業界トップクラスの現役エンジニアが揃っているのは本当でしょうか?
本当に質の高い講師のレッスンを受けられるか不安です。

 

CodeCamp(コードキャンプ)が、どうして質の高い講師を集めることができるのか?
講師の採用基準や、講師の質を高める工夫などから、CodeCamp(コードキャンプ)の講師の質がなぜ高いのかを説明します。
tabebaka

 

 

どうも、たべばかです。

 

今回は、オンラインプログラミングスクールのCodeCamp(コードキャンプ)が業界トップクラスの現役エンジニアを集めて、質の高いレッスンを提供できる理由について解説していこうと思います。

 

「なぜCodeCamp(コードキャンプ)は質の高い講師陣を揃えることができるのか?」

 

その仕組みを知ることで、CodeCampをよりよく利用するための手助けになればと思っています。

また、CodeCamp(コードキャンプ)を受講しなくても、他のスクールを選ぶ際の比較材料にすることができるでしょう。

 

こんな人にオススメ

  • プログラミングで副業・転職を目指す人
  • オンラインプログラミングスクールを選んでいる人
  • CodeCamp(コードキャンプ)を受講しようか悩んでいる人

 

本記事でわかること

  • CodeCamp(コードキャンプ)の講師がどのような人達か
  • CodeCamp(コードキャンプ)の講師の質が高い理由

 

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は受講生像を理解している

  • オンライン完結型
  • 業界トップレベルの講師陣がマンツーマンレッスン
  • 今なら無料体験で ¥10,000 OFFクーポンをプレゼント!

\レッスン満足度96.6%/

新しい人生をスタートする!


わたしたちブロガーが、記事を書くときにペルソナ(架空のユーザー像)を決めるのと一緒で、CodeCamp(コードキャンプ)でも、どのような人が受講生になるのか?ペルソナを明確にしています。

 

  • 受講生は20~30代の社会人がメイン
  • ほとんどが初心者の状態からプログラミングを学んでいる

参考元:CodeCamp講師採用

 

 ペルソナが明確なため、CodeCamp(コードキャンプ)講師は受講生の気持ちや、疑問を理解して、相手に合わせた分かりやすいレッスン行うことができるのです。

 

ペルソナを明確に設定することで、相手の立場を理解したサービスを提供することができます。
tabebaka

 

CodeCamp(コードキャンプ)は講師を厳しい採用基準で採用している

CodeCampの講師採用基準の画像
出典:CodeCamp

 

CodeCamp(コードキャンプ)には、講師の採用基準に「直近5年で、担当するプログラミング言語の実務経験が2年以上」という条件があるため、まったく使い物にならない講師が混ざっている心配はありません。

 

さらに、講師採用までには、ビデオチャットの面接に加えて、実践形式の模擬レッスンに合格しなければならないのですが、この合格率が17%(2018年度採用実績)と非常に低くなっています。

 

この合格率の低さは、CodeCamp(コードキャンプ)が、厳しい基準で講師を採用していることを表しています。

 

そのため、CodeCamp(コードキャンプ)には、業界トップクラスの現役エンジニアだけが講師として集まるのです

 

CodeCampに採用されている講師は、実務経験をもち、厳しい採用基準をクリアした精鋭揃いです。
性格や相性が合わない講師はいるかもしれませんが、高いスキルをもつ講師に間違いありません。
tabebaka

 

CodeCamp(コードキャンプ)講師は、受講生の立場を理解してレッスンを行う

 

CodeCamp(コードキャンプ)のレッスンは、講師がカリキュラムを一方的に垂れ流すだけではなく、受講生を第一に考えてレッスンを進めていきます。

 

講師は、受講生の理解を把握してレッスンを始める

 

  • 前回のレッスンで不明点がなかったか
  • 予習はしているか

参考元:CodeCamp講師採用

 

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は、まず受講生が前回のレッスンをどの程度まで習得して、何が分からないのか?事前に予習をしているのか?を把握します。

 

受講生の疑問が解消されるように配慮されているため、レッスンについて行けなくなるということはありません。

 

ただし、受講コースによってレッスンの回数に制限があるため注意が必要です。
受講生も、疑問点や質問したい内容をまとめるなど、効率よくレッスンを受ける必要があります。 
tabebaka

 

講師は受講生ファーストでレッスンを進める

 

  • 一方的な会話になっていないか
  • 理解度の確認タイミング
  • 説明のわかりやすさ
  • 『相手にあわせたレッスン』を第一に考えてペース配分を行う

参考元:CodeCamp講師採用

 

CodeCamp(コードキャンプ)では、受講生ファーストとなるように、講師がレッスンでチェックするポイントを明確にしています

チェックポイントが明確であるため、どの講師も受講生に寄り添うレッスンを行うことができます。

これがCodeCamp(コードキャンプ)が高い満足度を誇る、1つの理由でしょう。
tabebaka

 

講師はレッスン終了後に、受講生から評価を受けるため、真剣にレッスンに取り組んでいる

CodeCampのグレードの画像出典:CodeCamp

 

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は、レッスン終了後に受講生から5段階の評価を受けます

この評価が講師のグレード(ゴールド認定・シルバー認定)に反映されるシステムなので、講師はレッスンに対して良い緊張感をもって臨みます。

 

そのため、適当でいい加減な講師はほぼいません。

 

さらに、この評価は講師の給料へ反映されるため、講師はレッスンに対して真剣なのです。

 

講師のステップアップの条件が明確なため、講師のやる気が高い

 

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は、ステップアップ(給料アップ)の条件が明確なので高いやる気をもってレッスンに臨んでいます。

 

講師グレードや、稼働実績をベースとした評価基準により、2カ月毎に昇給チャンスがあるため、講師のやる気も維持されます。
結果的に、CodeCamp(コードキャンプ)のレッスンはやる気・質ともに高い講師から受けることができるのです。
tabebaka

 

CodeCamp(コードキャンプ)は講師が働きやすい環境のため、質の高い講師が集まる

CodeCampは講師にとって働きやすい環境であることについての画像
出典:CodeCamp

 

完全オンライン完結型なのは受講生側だけではなく、実は講師も同じことなのです。

講師は、場所を選ばず、1時間前まで授業を入れることができるため、空いた時間に講師として手軽に働くことが出来るのです。

日本人が大好きな無駄な会議もありません。

この柔軟な雇用のスタイルは、講師側にとっては、魅了的です。結果的に優秀な現役エンジニアが講師として集まりやすいのです。

 

本当に質の高いサービスを提供するためには、働く側の環境も大切です。
CodeCampの完全オンライン型というメリットは、そのまま講師の働きやすい環境づくりにも当てはまるのです。
tabebaka

 

CodeCamp(コードキャンプ)の運営と講師同士のコミュニティがあり、指導法などを議論している

CodeCampの運営・講師同士のコミュニティについての画像
出典:CodeCamp

 

CodeCamp(コードキャンプ)は講師側も完全オンライン完結型となっていることは先ほど述べました。

普通に考えると、個々の講師が好き勝手にレッスンを進めるため、講師によってサービスの品質にムラができると思われるかもしれませんが、その心配はありません。

 

CodeCamp(コードキャンプ)では、運営と講師同士のコミュニティが用意されており、運営スタッフと講師同士が、気軽にコミュニケーションを取ることができます

これにより、講師間で指導方法について、気軽に相談したり、技術トレンドについて議論することができます。

これにより、CodeCamp(コードキャンプ)は講師の質をより高め、モチベーション維持することを可能としたのです。

 

働き方の改革を目指す日本が、お手本とすべき企業の1つです。
tabebaka

 

CodeCamp(コードキャンプ)の講師に関する評判について

 

別記事で、CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミをまとめてあり、そこで講師に関する評判も見ることができます。よろしければ参考にしてみてください。

関連記事
CodeCamp悪い評判・口コミ徹底調査のアイキャッチ画像
CodeCamp(コードキャンプ)悪い評判を調査【2020年5月版】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)講師の質が高い7つの理由・まとめ

 


 

講師の質が高い7つの理由

  • CodeCamp(コードキャンプ)では、受講生となるペルソナを明確化にしているため、講師は受講生の気持ちや、疑問を理解して、相手に合わせた分かりやすいレッスン行うことができます。
  • CodeCamp(コードキャンプ)は講師を厳しい採用基準で採用しているため、業界トップクラスの現役エンジニアだけが講師として採用されます。
  • CodeCamp(コードキャンプ)講師は、受講生の立場を理解してレッスンを行うため、受講生ファーストでレッスンを進めることができます。
  • 講師はレッスン終了後に、受講生から評価を受けるため、真剣にレッスンに取り組みます。
  • 講師のステップアップの条件が明確なため、講師の高いやる気が維持されます。
  • CodeCamp(コードキャンプ)は完全オンライン完結型を活かした、講師が働きやすい環境を構築しているため、質の高い講師が集まります
  • CodeCamp(コードキャンプ)では、運営と講師同士のコミュニティが用意されており、講師の質をより高め、モチベーション維持することを可能としています。

 

CodeCamp(コードキャンプ)の講師陣は、業界トップクラスの現役エンジニアの集まりだと理解して頂けたと思います。
間違いなく質の高いレッスンを受けることができるので、悩んでいる人は、ぜひ無料体験に参加してみてください。
tabebaka

 

  • オンライン完結型
  • 業界トップレベルの講師陣がマンツーマンレッスン
  • 今なら無料体験で ¥10,000 OFFクーポンをプレゼント!

\レッスン満足度96.6%/

新しい人生をスタートする!

-副業

© 2020 たべばか